冬場の配管凍結対応工事
宮若市 N様邸 施工例
 


被膜銅管撤去

開始した所です。
 

撤去前の被膜銅管です。

被膜銅管の被膜は、
保温用に付いている
のではなく銅管保護用
に付いています。
 

撤去前の被膜銅管

ルートです。
 

撤去前の被膜銅管

ルートです。
 
(被膜架橋ポリエチレン管
布設工事)


被膜架橋ポリエチレン管
配管開始した所です。

この被膜には、保温性が
有る材質を使用しています。
 

被膜架橋ポリエチレン管

配管終了した所です。
 
(被膜架橋ポリエチレン管布設
工事仕上げ)


床面配管支持、
壁面支持終了です。
 

壁面、接続部の

保温工事終了

(チーズ)3ヶ所
 
(被膜架橋ポリエチレン管
布設工事完了)


被膜架橋ポリエチレン管
支持及び接続部の
保温工事終了。

(エボ)
 


被膜架橋ポリエチレン管、
支持及び接続部の
保温工事終了
布設工事完了です。

 今回の工事ポイント
吟味した材料の選択が必要です。
配管が曲がらない様一定の長さで支持する必要が有ります。
接続部が露出しない様に保温する必要が有ります。
しっかりとした工事を行う事で、長期間安心して
お客様にご利用頂くことが大切だと考えています。




宮若市 D様邸 エコキュート修理
 
 


配管接続部の
水漏れ点検です。
 


給水フィルター汚れ点検の為
取り外した所です。
 


黒くゴミが付着してます。
 


綺麗に洗浄しました。
これで復旧して
給水フィルター作業
完了です。
 


8年近く、点検などしなくて
そのままにすると
カビなどが繁殖して、
壊れることもあります。
 


カビなどを
除去した所です。
 


吹き出しグリルの
カビなどを
除去した所です。
 
取り外した吹出グリルを
取り付け完了です。
ヒートポンプユニットの
水平を確認して
ヒートポンプユニットの
作業完了です。

 今回のメンテナンスのポイント
メンテナンスは、定期的に行うと、使用期間を長くします。
定期的メンテナンスをすることで、
早めに寿命を知ることが出来ます。
高度な技術によるメンテナンスより、安心してお客様に末永く
ご利用いただくことが大切だと考えています。
 


 飯塚市 M様邸 エコキュート修理
 


高圧圧力開閉器
交換部品です。
 


室外銭交換用
作業開始した所です。
 


高圧圧力開閉器
交換した所です。
 


高圧圧力開閉器
作業完了です。
 


取り替え用部品の
混合弁です。
 


混合弁撤去開始
した所です
 


混合弁取り外した所です。
 


混合弁取り替え終了です。
 


コントロール基板の
取り替え部品です。
 


コントロール基板の
取り替え作業開始した所です。
 


コントロール基板
取り外してる所です。
 


コントロール基板
取り替え完了です。
 
 今回の工事のポイン 
室外銭高圧圧力開閉器交換時は、
接合面ごみがみしない様にすること。
混合弁は、下にコントロール基板が有るので
水をかけない様にすること。
コントロール基板取り替えの時は、電源を切って
感電しない様にすること。
しっかりとした作業を行うことで安心してお客様に、
ご利用いただくことが大切だと考えています。
必ず試運転します。
 




飯塚市 K様邸
他店が取り付けた
エコキュートのメンテナンス 点検例
  エコキュートユニット

及びヒートポンプの窪み

や破損を点検する。
  配管接続部のアースの

取り忘れなどを点検する。
   給水フィルター汚れ点検

水垢が付いてます、

この様な状態になると、

湯の出が悪くなります。
   給水フィルターを清掃して

水垢を取る、

必要が有ります。
   何と、排水チューブを
無理に入れています。
工事完了後、
確認はしなかったで
しょうか、
現状は、カバーの
つなぎめより水が
漏れていました。
   ドレンコックの
出口側に
しっかり差し込み、
水漏れないか
確認しました
今回のメンテナンスのポイント
配管接続部の水漏れを確認する。
貯湯ユニット内の水漏れを確認する。
しっかりとしたメンテナンスを行うことで長期間
安心して、お客様にご利用いただくことが大切
だと考えています。

 



直方市 H様邸
エコキュート修理工事

 


修理作業前状況


表面の破損状況
を確認する。









基盤の取付け位置を

確認する。








取り替え用基盤です。







基盤取り替え終了して、
外部接続

コネクター差し込み中です。

コネクター差し込みが終了にて
基盤取り替え完了です。






混合弁の取り替え作業



現状の取り替え位置
状況の確認です。









取り替え部品です。











混合弁取り替え中です。











混合弁取り替え完了です。
  今回の工事のポイント
混合弁取り替え時には基盤に水をかけない様に配慮する。
Oリングの取り替え忘れずにする。
基盤取り替え時には、必ずブレーカーを切りにする。
取り替え後は、初期設定し、試運転する。
当社では「ただ取り替え修理すれば良い」という考えは
絶対にありえず、一歩先、ワンランク上のメンテナンスを
するように、常に心がけています。

 
 
 どんな小さな事でも、出張・見積無料。お気軽にお電話下さい。
  有限会社 光住設
〒820-0089 福岡県飯塚市小正416-2
TEL0948-21-4734